季刊メタポゾン ※メタポゾン【MetaPoson】とは、「のちに、変化した、越えた」などの意味を持つ英語「メタ」と、古代ギリシャの「存在」に関わる用語「ポゾン」を組み合わせた造語で、今あるものと新しいものの協働と、それによる新しい何物かの出現を象徴しています。

●「季刊メタポゾン」はこんな雑誌です。
  大西赤人が責任編集する新しい文芸誌です。
  電子版の時代に、あえてアナログな紙の雑誌を発行します。
  小説やエッセイは紙の雑誌で読みたいという読者に、良質の文作品を提供します。
  内外の新進気鋭の作家の小説、エッセイ、評論、漫画を掲載します。
  毎号カラーページで、写真、絵本を掲載します。

  ご意見、ご感想はreaders@metaposon.comまで。

  発行:株式会社メタポゾン   発売:有限会社寿郎社

  ※寿郎社での通販も可能です。メールにてご注文下さい。(送料がかかります)
  1冊のみの場合は、2260円(税・送料込)になります。2冊以上は送料が無料になります。書店を通じての購入もできます。


 

■季刊メタポゾン 第1号 《2011年 冬号》 

  特集 大西巨人「神聖喜劇」のいま
        
心に残る映画と短歌についての語り下ろし収録。
 巻頭エッセイ:三浦しをん
 漫画:「初恋」(原作 尾崎翠/作画 のぞゑのぶひさ)
 小説:K=ルーク・ジャン「悟り」
     北大路公子「均された世界」
     大西一穂「トルジカの金魚鉢」
     大西赤人「晶子」
 医療ルポ:出河雅彦「「薬害」HIV感染を問い直す」
 戯曲:川光俊哉 「神聖喜劇」
                                    ………など
 ISBN978-4-902269-41-3
本体:2000円


■季刊メタポゾン 第2号 《2011年 春号》 

 特集 佐々木譲
 巻頭エッセイ 「絶対安全」の虚構
 絵本 サーカスが燃えた
 北のつぶやき JOH's eye & tweet

 緊急インタビュー:田中三彦 福島原発事故を語る
            「生きる境を見直すとき」

 四コマ漫画:常盤雅幸「原発プレイバック」
 大西巨人「映画よもやま話」「秋冬の実」
 漫画:「花束」(原作 尾崎翠/作画 のぞゑのぶひさ)
 小説:K=ルーク・ジャン、北大路公子、大西一穂、大西赤人
 医療ルポ:出河雅彦
 スポーツウォッチング:谷口源太郎           ………など
 ISBN978-4-902269-42-0
本体:2000円


■季刊メタポゾン 第3号 《2011年 夏号》 

 今中哲二・小出祐章(京都大学原子炉実験所)
 インタビュー 「負け続けて今がある」

 巻頭エッセイ 青山真治「酒の川に身を委ねて」
 新連載カラー漫画 西原理恵子「サ・イ・バ・ラの季節」
 新連載小説 小路幸也「石田荘物語」

 大西巨人:原子力発電に思うこと/映画よもやま話/秋冬の実(短歌自註)
 佐々木譲:北のつぶやき
 尾崎翠・のぞゑのぶひさ:山村氏の鼻
 北大路公子:絵の中の女
 大西一穂
 K=ルーク・ジャン:人生に欠かせない四原則
 大西赤人:貌(かお)
 出河雅彦:『薬害』HIV感染を問い直す
 谷口源太郎:スポーツウォッチング
                                    ………など  
 ISBN978-4-902269-43-7
定価:2000円

 
 
■季刊メタポゾン 第4号 《2011年 秋号》 

 特集 吉岡 忍 巻頭エッセイ
 インタビュー 僕にとっての「真実」を書く
 
 小路幸也「石田荘物語」
 西原理恵子「サ・イ・バ・ラの季節」
 大西巨人:映画よもやま話/秋冬の実(短歌自註)
 佐々木譲:北のつぶやき
 尾崎翠・のぞゑのぶひさ:歩行
 北大路公子:理想の街
 大西一穂:いたいけな祈り
 岡倉大恭:サンタクロース
 川光俊哉:アマノジャク
 大西赤人:かけがえ
 出河雅彦:『薬害』HIV感染を問い直す
 谷口源太郎:スポーツウォッチング
                                    ………など  

 
 
■季刊メタポゾン 第5号 《2012年 冬号》 

 巻頭エッセイ すが秀美 中条省平 三浦しをん 山本文緒  上田美佐子
 
 小路幸也「石田荘物語」
 西原理恵子「サ・イ・バ・ラの季節」
 大西巨人:映画よもやま話/秋冬の実(短歌自註)
 佐々木譲:北のつぶやき
 尾崎翠・のぞゑのぶひさ:地下室アントンの一夜
 北大路公子:本当の家族
 岡倉大恭:灯台が見える砂浜
 大西赤人:かけがえ
 出河雅彦:『薬害』HIV感染を問い直す
 谷口源太郎:スポーツウォッチング
                                    ………など  

 
■季刊メタポゾン 第6号 《2012年 初夏号》

 特集 長谷川集平
 新連載「集平のツイ」

 インタビュー 「後ろに「〈パラダイス〉はない」
 新連載小説 「ベガーズバンケット」

 新連載エッセイ
 加藤喬「モントレー風便り」


 大西巨人:未発表評論「寓話風=牧歌的な様式の秘密」(前編)
        春秋の実
 西原理恵子:サイバラの季節
 森枝卓士:喰らうて思う
 佐々木譲:北のつぶやき
 片岡一郎:弁士、独逸へ行く
 北大路公子:均された世界
 岡倉大恭:かたわらの夢
 大西一穂:フライングライクアペーパープレイン
 川光俊哉:三十分
 小路幸也:石田荘物語 夏
 出河雅彦:「薬害」HIV感染問題を問い直す
 のぞゑのぶひさ:尾崎翠の世界「木犀」
 谷口源太郎:スポーツウォッチング
 大西赤人:硝子越しの光
                                    ………など  




■季刊メタポゾン 第7号 《2012年 孟秋号》

 原発・震災特集
 エッセイ 阿部和重「Ain’t That A Shame」 
       國分功一郎「〈原子力の時代〉の哲学」
       岡和田晃「〈想像力〉の脱政治化に抗して」
 
        大西赤人 「数を恃む」

 贅沢縦長四コマ漫画
 常盤雅幸 「不撓不屈」

 長谷川集平:ベガーズバンケット
 加藤喬:モントレー風便り
 大西巨人:未発表評論「寓話風=牧歌的な様式の秘密」(後編)
         映画よもやま話「会議は踊る」「制服の処女」
 西原理恵子:サイバラの季節
 森枝卓士:喰らうて思う
 佐々木譲:北のつぶやき
 片岡一郎:活動弁士キネマを語る
 北大路公子:均された世界
 岡倉大恭:「砂漠の嵐」「初舞台」「鳥籠」
 川光俊哉:「会議」「こういうわけで」「悪魔の最期」「朝の鏡」
 馬場言葉:「人間たちの宴」「スピカ」
 小路幸也:石田荘物語 秋
 出河雅彦:「薬害」HIV感染問題を問い直す
 のぞゑのぶひさ:尾崎翠の世界「アップルパイの午後」
 谷口源太郎:スポーツウォッチング
 山口直孝:批評のインターナショナリズム
 大西一穂:「揺れる」
                                    ………など  

 
■季刊メタポゾン 第8号 《2013年 新春号》

 巻頭エッセイ
 荻原チキ「ある会合の帰路」 
 浅田次郎「聖徳太子の呪縛」

       
 インタビュー 保坂展人 「ライン」から外れて闘う

 連作評論
 石和義之 「空気と実存」
 宮野由梨香 「人類は、季節繁殖の夢を見るか?」

 書評 
 岡和田晃「〈棄民〉とは〈想定外〉の産物なのか?――米田綱路『脱ニッポン
        記』を読む」 
   
 漫画 小路幸也+小路啓之 「この世の果ての、最後の病院」

 新連載 中谷剛「アウシュヴィッツの異邦人」/渡辺考「ああわがテレビ」

 長谷川集平:ベガーズバンケット/集平のツイ
 加藤喬:モントレー風便り
 大西巨人:映画よもやま話「森の石松」
 西原理恵子:サイバラの季節
 森枝卓士:喰らうて思う
 佐々木譲:北のつぶやき
 小路幸也:石田荘物語 冬
 片岡一郎:活動弁士キネマを語る――小津安二郎「東京の宿」「非常線の女」
 北大路公子:均された世界
 岡倉大恭:「内側から」
 川光俊哉:「黒塚」
 馬場言葉:「織る座」
 出河雅彦:「薬害」HIV感染問題を問い直す
 谷口源太郎:スポーツウォッチング
 大西赤人:「危篤の報(前編)」
                                    ………など


■季刊メタポゾン 第9号 《2013年 仲夏号》

 新連載 大西巨人 戦後の文学と政治を語る『夏冬の草』

 小説 
 川光俊哉 馬塲言葉 大西赤人

 新連載エッセイ
 切通理作
「デジタルとアナログの間に」
 清水徹郎「シェークスピア講義ノートから」
 大西一穂
「うぐいすの糞」

 カラー絵物語  北大路公子+にご蔵

 連載カラー漫画  西原理恵子

 連作評論  
高槻真樹 岡和田晃 
 連載小説  
小路幸也 長谷川集平

 連載  出河雅彦 「薬害」HIV感染問題を問い直す

 連載エッセイコラム  渡辺考 片岡一郎 長谷川集平 佐々木譲
                中谷剛 加藤喬 森枝卓士 谷口源太郎

 書評・レビュー特集
 出久根達郎 保坂和志 中野翠 西木正明 絓秀実 中条省平
 岡和田 晃

 イラストレーション
 
常盤雅幸 馬塲言葉 稲葉彩乃 佐々木淑子 木村晴美 田中雅子 にご蔵 なかやあいこ

                                    ………など



■季刊メタポゾン 第10号 《2013年 暮秋号》


 鼎談:憲法は人と生きるルール
荻上チキ/木村草太/大西赤人

連載:大西巨人
 戦後の文学と政治を語る『夏冬の草』(第2回)


小説
 樺山三英
「セブンティ」
 
漫画
「妻の遺骨」
原作:藤枝静男
漫画:川勝徳重
解説:岡和田晃

連作評論  
忍澤勉 岡和田晃 
 連載小説  
小路幸也 長谷川集平

 連載出河雅彦 「薬害」HIV感染問題を問い直す

 連載:コラム  清水徹郎 切通理作 渡辺考 片岡一郎 長谷川集平 佐々木譲
                中谷剛 加藤喬 森枝卓士 大西一穂 谷口源太郎

小説:大西赤人「終の笑み」

 イラストレーション
 
常盤雅幸 稲葉彩乃 佐々木淑子 木村晴美 田中雅子 なかやあいこ

                                    ………など